年末の楽しみ、カタログ福袋

MENU

年末の楽しみ、カタログ福袋

年の暮れ、大掃除や料理の合間にとあるカタログを開きます。それは年明け前から来年に思いを馳せられる、カタログの福袋です。

 

商品を直に手に取って選べないため、少々味気ないと感じる事はあります。それでも、忘れた頃に商品が届く喜びが勝るのでカタログ派です。

 

変わった商品にしようか、それとも定番の服飾品にしようか。などと迷う時間も、年末の忙しさの中では楽しいものです。

 

これはカタログならではの利点だと思います。さて今年は、何がいいでしょうか。過去、一番興味を引いたのは、マグロの詰め合わせ福袋でした。おせちに飽きた頃に届いたので、美味しさが三割増しだった事を覚えています。今年も年末の息抜きとして、カタログを見るのが楽しみです。

 

損をしないための福袋の購入方法

毎年、初売りの福袋を楽しみにしている方は多いと思います。しかし、果たして福袋は本当にお得なのでしょうか?今回は、福袋で損をしない購入方法についてご説明します。
まず、福袋の良さと言えば、内容物の総額よりも安い値段で売られている、ということです。

 

しかし、それにお得さを感じるかどうかについては、はっきり言って中身次第です。お店によっては、売れ残りをただ詰め合わせただけの福袋もあります。初売りでは気持ちが高揚し、特にいらないものでも「5万円相当の賞品が1万円」と書かれていると買いたくなってしまいます。

 

しかし、そこはこらえて、自分が本当に欲しいものだけを購入するようにしましょう。

 

最近では、中身の見える福袋も売られていますので、事前にチェックすることもできます。自分の好みにあったものだけを買うことで、福袋で損をしないようにすることが大切です。"